新隊員修了式 家族ら見守る|大宮駐屯地

新隊員修了式 家族ら見守る|大宮駐屯地

大宮駐32普連(連隊長・横山1陸佐)は9月15日、今年度第11期一般陸曹候補生、第191期新隊員特技両課程の修了式を行った。

教育隊着隊の頃と比べものにならないほど成長した隊員97人(うち女性2人)は戦闘服、鉄帽、防弾チョッキなどを身に付けて、銃を持ち式典に臨んだ。

式典は厳正な雰囲気の中で粛々と進行。式典後、隊員は観閲行進に臨んだ。家族らが見守る中、各区隊代表の指揮で威風堂々の行進を披露した。

ひ孫の修了式を見届けたというお年寄りの女性は、「私が80歳の時にひ孫が生まれ、毎日おんぶしていました。あんなに小さかった子がこんなに立派になり、うれしくて涙が出ました。ひ孫には『辛抱してがんばれ』と言った」と話し、ひ孫に車椅子を押され幸せそうに会場を後にしていた。


◆関連リンク
陸上自衛隊 第32普通科連隊
http://www.mod.go.jp/gsdf/eae/1d/unit/32i.html

陸上自衛隊カテゴリの最新記事