創立62周年記念行事で決意|大和駐屯地

創立62周年記念行事で決意|大和駐屯地

大和駐(司令・本吉2陸佐)は9月30日、同駐創立62周年記念行事を行い、2000人を超える来場者と共に祝った。

本吉司令は式辞で陸自創隊以来の大改革に触れ、「今年度末、6戦車大隊が廃止され、16式機動戦闘車を装備する機動戦闘車隊(仮称)が新編され新たな一歩を踏み出す」と話した。その上で、「これからもあらゆる任務を完遂できる隊員、部隊を育成していくことを誓う」と決意を述べた。

観閲行進では6音楽隊の行進曲に合わせ、車両や装甲車などが行進。同駐では最後となる74式戦車=写真=や、新装備の16式機動戦闘車が行進すると、観衆から大きな拍手が湧き起こった。

装備品行動展示では、悪路の中、6偵察隊のオートバイと装甲車の共演ドリルや6戦大の戦車と機動戦闘車の共演を披露し、観衆を圧倒した。

大和駐広報班は「装備や部隊が新編されるが、これまで以上の飛躍を目指し訓練に臨んでいく」としている。


◆関連リンク
陸上自衛隊 大和駐屯地
http://www.mod.go.jp/gsdf/neae/6d/unit_hp/taiwa_hp/index.html

陸上自衛隊カテゴリの最新記事