観閲行進に大歓声|対馬駐屯地

観閲行進に大歓声|対馬駐屯地

対馬駐(司令・大倉1陸佐)は11月18日、同駐などで創立38周年記念行事を行い、地域住民約2000人と共に祝った。

大倉司令は式典で、安倍首相から特別賞状を受賞したことを紹介した上で、住民の日頃の自衛隊への協力に対し感謝の言葉を述べた。

隊員には「我々は常に『常在戦場』の気概を保持しつつ、文永の役の宗助国公をはじめ対馬と領民を護るために『一所懸命』に己の矜持を懸けて戦った防人らの意志を受け継ぎ、国防の最前線対馬を護る武人として、この原点に返り、一所懸命を貫いていこう」とゲキを飛ばした。

その後、観閲行進が目抜き通りで行われ、同駐所在部隊や在島の海空自部隊、九州各地から来た支援部隊が行進を披露した。対馬で初めて披露された10式戦車の堂々の行進には、観衆が日の丸の旗を振りながら歓声を上げていた。

一方、目保呂ダム馬事公園の協力による対州馬体験やツシマヤマネコふわふわドームのアトラクション、74式戦車の試乗なども住民に好評を博した。


◆関連リンク
陸上自衛隊 対馬駐屯地
http://www.mod.go.jp/gsdf/wae/4d/tusima/index.html

陸上自衛隊カテゴリの最新記事