自衛隊初 豚コレラで災派|陸自10師団

自衛隊初 豚コレラで災派|陸自10師団

陸自10師団(師団長・甲斐陸将)は、12月25日から27日の間、岐阜県関市で発生した豚コレラにおける豚の殺処分などの支援に係る災害派遣に守山駐35普連や10通大、10後支連などの隊員約470人を出動させた。豚コレラ発生による自衛隊の災派は初。

25日午前5時30分、関市の養豚場で豚コレラの発生が確認された。速やかに防疫措置を行う必要があることから、岐阜県知事が即座に10師団長に対し災害派遣を要請した。

甲斐師団長は隊員に対し「平時の重要な任務の一つが災害派遣である。地域住民のためにもしっかりやってほしい」と訓示し、1.対処要領の確立、2.連携、3.健康管理・安全管理―を要望した。

35普連の隊員らは24時間態勢で豚舎内における豚の追い込みを行い、殺処分した豚や餌などを埋却地へ運搬。養豚施設内や周辺の消毒作業なども行った。

27日、じ後の作業が自治体で可能となり、知事が撤収を要請。10師団は災派を終了させた。

災派活動の様子は多くのメディアが報道。隊員の一人は「師団の公式SNSに寄せられたたくさんの感謝や応援のメッセージが励みになった」と話していた。


◆関連リンク
陸上自衛隊 第10師団
http://www.mod.go.jp/gsdf/mae/10d/

陸上自衛隊カテゴリの最新記事