地域活性化に寄与し空自PR|空自網走分屯基地

地域活性化に寄与し空自PR|空自網走分屯基地

空自網走分屯基地28警戒隊(隊長・小田2空佐)は、1月16日から2月7日の間、2月9~11日まで網走商港埠頭で開催された第54回「あばしりオホーツク流氷まつり」の準備に協力し、隊員延べ260人で流氷迷路と流氷滑り台を製作した。

地域の活性化に寄与することで空自をPRするのが狙い。祭りは観光客や地域住民ら約5万9000人で大いに賑わった。

28警隊は長年にわたって流氷祭りを支援。今年から製作内容や互いの役割分担を明確にするため、1月10日に初めて主催者と協定書を締結した。

隊員たちは、会場に開催回数の54の数字を盛り込んだ「流氷迷路」、空自の最新鋭戦闘機F35Aを壁面に彫った高さ5メートルの「流氷滑り台」を製作した。

期間中、網走空自協力会の会員が炊き出しを2回実施し、隊員たちは温かい食事で英気を養った。隊員の一人は「私たちが作った迷路や滑り台で多くの住民が楽しんでくれてうれしかった」と話していた。広報担当者は「今後も地域との交流を深めていく」としている。


「部隊活動」航空自衛隊ホームページ を加工して作成


◆関連リンク
航空自衛隊 網走分屯基地
http://www.mod.go.jp/asdf/abashiri/index.html

あばしりオホーツク流氷まつり
https://www.abakanko.jp/ryuhyomatsuri/

航空自衛隊カテゴリの最新記事