海自輸送艦、宮崎みなとまつりで注目集める|宮崎地本

海自輸送艦、宮崎みなとまつりで注目集める|宮崎地本

宮崎地本(本部長・荒井1空佐)は、5月4、5日の両日、宮崎港で開催された「宮崎みなとまつり2019」(宮崎市主催)に主役として参加した海自輸送艦「くにさき」と共に艦艇広報を行った。同港に輸送艦が寄港するのは初めてとあって、一目見ようと約4万5000人が訪れた。

一般公開で地域住民らは艦内を見て回り、エアクッション艇(LCAC)のほか、都城駐43普連が展示した軽装甲機動車や高機動車、偵察用オートバイも見学し、自衛隊理解を深めていた。特に、甲板に上がるエレベータへの搭乗は人気があった。

4日には宮崎県防衛協会会長を務める知事との艦上昼食会、募集対象者らへの特別公開のほか、体験宿泊も行った。地本はブルーマリン(海自佐世保地方総監部)と共同で防災体験コーナーなどを開設。来場者に患者搬送やロープワークを体験してもらい、自衛隊理解を深めてもらった。今年4月にリニューアルした地本のキャラクターも広報に一役買った。

宮崎地本は「引き続き艦艇広報を積極的に活用し、自衛隊への理解と親近感の醸成を図っていく」としている。


◆関連リンク
自衛隊 宮崎地方協力本部
https://www.mod.go.jp/pco/miyazaki/

海上自衛隊 佐世保地方隊
https://www.mod.go.jp/msdf/sasebo/index.html

地方協力本部カテゴリの最新記事