実射撃訓練を検閲|海田市駐屯地

実射撃訓練を検閲|海田市駐屯地

海田市駐47普連(連隊長・佐藤1陸佐)は8月30日、あいば野演習場で重迫撃砲中隊の隊員42人(うち即応予備自22人)の実射検閲を実施した。命令下達から火力発揮までの一連の行動と重迫撃砲射撃について検閲し、非実射での陣地占領と射撃の速度、実射での陣地占領の速度と射撃の精度について評価するのが目的。

今回は中隊改編後、初めての攻撃における実射検閲で、重迫撃砲小隊の全分隊長と即応予備自、1人の常備隊員で受閲部隊を編成した。隊員たちは中隊長要望事項である「隊員は中隊のために、中隊は隊員のために」を具現化するため、常即一丸となって検閲に臨んだ。訓練が始まると、ベテランの即応予備自が率先して指揮し、常備隊員は積極的に掌握下に入った。またFO(前進観測)やFDC(射撃指揮班)との密接な三者連携による継続的で迅速・正確な射撃を行い、第一線部隊の攻撃に寄与できる有効な火力を示した。

広報班は「連隊唯一の火力戦闘部隊として、実射検閲で向上した錬度をさらに昇華すべく招集訓練に臨んでいく」としている。


◆関連リンク
陸上自衛隊 海田市駐屯地
https://www.mod.go.jp/gsdf/mae/13b/kaitaiti/index.html

陸上自衛隊カテゴリの最新記事